くも膜嚢胞からの頭蓋内表皮の放射線学的分化

目的:頭蓋内表皮(真珠腫)は、特に小脳橋角で、その放射線学的特徴においてくも膜嚢胞を模倣する。 彼らは異なる治療介入を保証するので、二つの条件を区別することが不可欠です。 本研究の目的は、条件の異なる放射線学的特性を解明することである。

デザインと設定の研究: これは、第三次紹介大学病院の神経科/神経外科および神経放射線学の部門に頭蓋内嚢胞性病変の鑑別診断および管理のために紹介された4人の患者のレトロスペクティブ研究であった。

患者:嚢胞性頭蓋内病変を有する異なる年齢層の患者、類表皮またはくも膜嚢胞と診断された患者を選択した。 症例チャート、放射線学的および外科的介入、およびフォローアップ記録のレトロスペクティブ分析が行われた。 メソッド

メソッド

メソッド: 使用されるイメージング技術は、コンピュータ化された断層スキャン、t1、T2、プロトン密度、およびガドリニウム強化T1画像と磁気共鳴イメージング(MRI) さらに、流体減衰反転回復およびエコー平面拡散走査を含む特別なMRIシーケンスが使用された。 すべての患者は視聴覚評価を受けた。

結果:両方の病変は特徴的によく画定され、コンピュータ断層スキャンで脳脊髄液に似た均質な低密度を有し、コントラストの増強を示さない。 MRIでは、表皮およびくも膜嚢胞は、通常、T1重み付け画像上でhypointenseおよびT2重み付け画像上でhyperintense表示されます。 流体減衰反転回復では、くも膜嚢胞は脳脊髄液の強度に従う傾向があり、類表皮はhyperintenseになる。 類表皮は、流体減衰反転回復に低強度の病変として表示されることがあります機会があります。 このジレンマは、表皮が明るいままであるエコー平面拡散走査を使用することで解決される。

結論: 嚢胞性頭蓋内病変の確定的な放射線診断が日常的なコンピュータ断層スキャンおよびMRIで困難になる場合には,流体減衰反転回復および拡散シーケンスMRIの使用を推奨した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。