アラビア半島の最近の気候変動:1979-2009年のサウジアラビアの季節降雨と温度気候学

1979-2009年のサウジアラビアの地域から駅レベルの情報を含むアラビア半島の季節気候学を研究する試みが行われている。 湿潤(月から月)および乾燥(月から月)の季節降雨および温度気候学は、表面観測、CPC統合降水量分析(CMAP)、気候研究ユニット(CRU)および熱帯降雨測定ミッション(TRMM)などの様々なデータソースから得られる。 これらの格子状のデータセットは、雨季に世界最大の砂の砂漠であるRub Al-Khaliの乾燥地帯を検出します。 この季節には、30°Nの北と15°Nの南に大きな雨帯が存在します。 乾季には、アラビア半島はほぼ完全に15°Nの北に乾燥していますが、この緯度の境界の下に雨帯が存在します。 季節や気候に関係なく、半島の南西部では比較的大雨の多い地域が多い。 湿った(乾燥した)季節の温度は、半島の西部(中央から北部)の部分で最も高いです。

表面観測によると、季節に関係なく、降雨量は第一期(1979年-1993年)に有意に増加し、第二期(1994年-2009年)に有意に減少したことが示されている。 減少率は35です。ぬれた(乾燥した)季節の間の十年ごとの1つのmm(5.5mm)。 サウジアラビアの気温は大幅に上昇しており、雨季(0.51℃)に比べて乾季(0.72℃)の上昇率は速い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。