グローバル視点における”アラブの春”:アラブ世界における社会運動、変化する文脈および政治的変遷(2010-2014)

要約

この章の目的は、アラブ世界がここ数年の間に劇場となってきた発展を分析するための”社会運動”の概念の使用の妥当性を調査し、そのような発展を批判的に読むことによって、他の決定要因と比較してそのような運動の役割を再フレーム化することである。 ここで採用されている社会運動の定義は、集団的運命の特定の感覚を共有し、集合的に抗議の様々な形態をかかわらず、社会的、政治的変化を求める個人やグループのネットワークの存在と行動に関連しています。 しかし、2010年以降のアラブ世界で起こったことの解釈は、社会運動によって開始されたプロセスがしばしば内戦、クーデター、および/または保守的な政治的発展に変わったため、非常に繊細な操作である。 地域の主張と国際的な地理戦略の両方も、様々な一連の出来事の決定に絡み合っているので、場所に応じて政権交代につながった出来事を引き起こすかどうかにおける社会運動の正確な役割を判断することは困難である。 より多くの時間は、より多くの研究者は、社会運動の役割について不審になってきているイベントの後に渡します。 イベントに付随し、すぐに続いた革命的なロマン主義の季節は、はるかに慎重な解釈の対象になっているようです。 アラブ世界の文化的文脈における市民圏の存在と特徴の認識が、永続的な文化主義的決まり文句の対象となっているという事実によって、さらなる難し したがって、市民圏から来る表現の社会における存在と役割は、現代の抗議の性質を評価するために、歴史的および人類学的に分析されるべきである。 この章では、社会運動の動員の論理を説明するために必要な条件の一つは、地域の市民圏の歴史的次元を再評価することであると主張する。 現代の社会運動だけでなく、2011年以降の進化も、この文化的文脈における動員の歴史を見なければ理解することはできません。 このように、私はここでアラブ世界における市民次元のルーツを研究し、2010年以来、この地域をマークしたイベントを通じて、その発展と限界に従います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。