マリアGrzegorzewska

マリアGrzegorzewska大学(APS)での第14回ユネスコ/ヤヌシュKorczak椅子

参加

第14回ユネスコ/ヤヌシュKorczak椅子

マリアGrzegorzewska大学(APS)

参加

参加

多様な背景と多くの国から来て、私たちは社会的包摂のルーツ(地域と国家のルーツ)についての知識を共有します。

私たちは、ポーランドの特別教育の先駆者であるMaria Grzegorzewska(1888-1967)を紹介します。 我々は,各国又は地域における同様の数値に関連する参加者からの貢献を歓迎する。

私たちはまた、子供の権利と小児研究の発展へのJanusz Korczakの貢献(1878-1942)に焦点を当てます。 もう一度、参加者から、地域における子どもの権利の擁護者についての意見を歓迎します。

さらに、学際的な分野で協力し、世界中の社会的包摂の現在の進歩を診断し、社会的包摂の分野で将来のためのビーコンを特定し、開発することを目

国際サマースクール2021では、現代の研究ツールとその分野における方法論的進歩に関する知識を共有します。 私たちは、参加者のニーズに合わせてワークショップや講義を調整します。 私たちはまた、ポーランドの豊かな文化と歴史に私たちの訪問者を浸し、ワルシャワ、コルチャクの街にそれらを紹介したいと考えています。

コールは、社会的包摂のための情熱を持つ実務家、学者、研究者、博士課程とMAの学生に開放されています。 応募するには、それぞれの国または地域における社会的包摂に関する原稿を作成し、特に3つの側面に焦点を当ててください。

  • 歴史的ルーツとインクルージョンの主な人物
  • 現在の状況、地域および国際政策の影響
  • 前進する方法

この論文は、社会的包摂の障壁とそのような障害を克服するためのアイデアについても議論することができます。

Bursaries

ユネスコJanusz Korczak Chair International Summer Schoolは、ポーランドユネスコ委員会の後援の下で運営されており、多くのbursariesは、オープンで透明な手続きで学者に利用できるようにな 成功した場合は、bursaryの割り当てのための条件であるワルシャワで30日間を過ごすことが期待されます。 Bursaryは合計で2200PLNであり、宿泊施設、自給自足、健康保険、ビザを含むすべての費用をカバーするのに役立つことを意味しています。 他にどのように私たちはあなたの滞在を整理するのに役立ちますか? 私たちはあなたのビザ申請をサポートする手紙を提供しています。 私たちは滞在する場所を提案するかもしれません。 あなたが奨学金を受け取った場合、私たちはあなたにサマースクール28.06-09.07への参加のための手数料を請求しません。

奨学金を申請するための条件:あなたの国は低所得国(BまたはC)であり、カテゴリCが優先されています*;あなたはすでに学位を持っています。 あなたは私たちに申請書、確立された学術からの支援の手紙、あなたの最高学位証明書のスキャンとあなたが貢献したい紙を送る必要があります。

あなたが自己資金またはあなたの機関によって資金を供給されている場合、参加料は1200PLN(約。 285ユーロ)。 料金は、学術、研究、文化活動をカバーしています。 料金はあなたの宿泊施設、自給自足、健康保険またはビザをカバーしていません。

COVID-19パンデミック状況規定

グローバルCOVID-19パンデミックに関連する動的な状況のために、我々はまた、サマースクールの一部がオンラインで行われる このような場合には、手数料が大幅に削減され、完全に低所得国のために振られます。 低所得国(BおよびC*)のリストはここにあります:*https://www.isa-sociology.org/en/membership/table-of-economies-by-category

関心のある表現:

ワルシャワで1922年に設立された私たちの大学についてのいくつかの言葉、Korczakの街

私たちの大学は、社会科学、教育、特別な教育学のハブ 過去100年間で、私たちは私たちの大学で35の専門分野を教え、2 000の学術教師を雇い、24 000の卒業生を卒業しました。 私たちの大学は、科学高等教育省によって監査され、認定されています。 私たちは、博士、ポスドク、教授のタイトルを処理します。 私たちの研究の範囲は、社会科学の学際的な性格を反映しており、それが含まれています:教育学、特殊教育、社会教育、芸術教育、社会予防とソーシャルワーク、哲学、社会学と心理学。 私たちの学際的な博士課程は、社会科学を教えています:心理学、教育学、社会学。 博士課程の候補者は、公開競争の中で年に一度募集されています。 授業料はなく、博士課程の候補者は特別な奨学金を受け取ります。 博士課程の目的は、科学的独立への道にある研究者の個人的および専門的な発展を支援することです。

社会教育におけるユネスコ/ヤヌシュKorczak椅子は2004年に設立され、2006年以来、毎年椅子は国際ユネスコ/ヤヌシュKorczakサマースクールを開催しています。 電子メール:[email protected]…..pl

A quick peek from the last 2 summer schools

13th UNESCO Janusz Korczak Chair International Summer School

We present this year's experts and tutors PDF link 

This year, in the virtual city of Korczak we will host multiple representatives of 14 countries: Argentina, Brasil, Germany, India, Israel, Nigeria, Pakistan, Poland, South Korea, Spain, Syria,Turkey, USA, UK. 私たちは、ユネスコのためのポーランド委員会、国際ヤヌシュKorczak協会と彼らの名誉パトロンのためのポーランドKorczak協会に感謝したいと思います。 また、彼らのウェビナーツールを使用するために私たちを可能にするためのInspirator財団に感謝の意を表したいと思います。

2020は、2020年9月にオンラインで開催され、7月に利用可能な短いテイスターモジュールがあります。

主に教育者や研究者を対象とし、主要なスキル開発に向けて

テーマ

時間

メインkorczakの哲学的アイデア

メインkorczakの哲学的アイデア

メインkorczakの哲学的アイデア

tr>

メインkorczakの哲学的アイデア

メインkorczakの哲学的アイデア

教育のグローバル哲学者としてkorczak

子どもの自己統治と責任のアイデア: newspaper, court

Bobo, the infant perspective (Lecture and workshop)

Field workshops: ‘critically’ about Korczak

Korczak inspired Convention on Children’s Rights

Stories and novels by Korczak

Reflective feedback – Korczak’s toolkit for self-assessment

Hours total

研究の場所:グローバルリーチ。 ワルシャワのマリアGrzegorzewska大学が率いる。 すべての活動はオンラインで行われます。 募集は14.06.2020で終了します。 参加を確実にするには、同封の登録フォームに必要事項を記入し、それを送信してください[email protected]そして、フォームを送信してから10日以内に料金を支払います。

参加費:一人あたり450PLN。 (これは約110ユーロです)

これは、コースの教材、コンテンツの授業料とオンラインコースの証明書をカバーしています。

アカデミアPedagogiki Specjalnejへの支払い

Ul.

口座番号:PL84 2490 0005 0000 4600 6042 6422

銀行:Allior Bank SA

スウィフトコード(BIC)–ALBPPLPW

IBAN:PL

支払いID:”あなたの名前、姓。 ユネスコサマースクール”

社会教育学のユネスコ/Janusz Korczak議長は、2006年以来、教育学、心理学、社会学の分野における若い学者や研究者のための

13th UNESCO Janusz Korczak Chair International Summer School

Detailed information

Summer school participants presenting amongst 89 academics from 50 countries at the ISA RC25 International Conference “Language and Society. 社会科学の研究の進歩”

リベラルと保守的な言説における男女平等と子供の平等

第12回国際サマースクールは、ワルシャワのマリアGrzegorzewska大学で1-30th September2019の間に開催されます。

大学はヤヌシュKorczakとマリアGrzegorzewska教育的影響のハブです(人権と子どもの権利の国際的な問題のために不可欠な学者や実務家). 2006年以来、120人以上の博士課程の学生、ポスドクの研究者、世界中の30カ国からの学者が以前のサマースクールに参加しました。

2019年は、19カ国を代表する5大陸からユネスコのフェローシップと研究専門家の受信者をホストします。 研究プログラムは、アルバニア、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、ブルンジ、ドイツ、インド、イラン、ナイジェリア、パキスタン、モルドバ共和国、ロシア、スイス、トルコ、ウクライナ、英国、米国、ベネズエラ、ポーランドを代表する参加者を集めました。

ISA RC25(言語と社会研究評議会)の付随する国際会議は、研究の進歩を共有するために、さらに20カ国からの学者をもたらすでしょう。

これは、国際的なコラボレーション、多様な言語の風景や方法論を祝うために本当に素晴らしい機会です。

Hosts and volunteers of the Summer School

Confirmed Experts

A list of participants

Partners

11th International Summer School: “難民と移民の子供の適応の分野における国際経験-理論、研究、実践”

7-16September2017ワルシャワ(ポーランド)のマリアGrzegorzewska大学のユネスコ/Janusz Korczak議長は、第11回国際サマースクールタイトル:”難民と移民の子供の適応の分野における国際経験-理論、研究、実践”を開催します。

私たちは親切に教育学、心理学、社会学、人類学だけでなく、他の社会科学、博士課程の学生、学術研究の仕事と実践的な活動が主題にリンクされている学者や研究者を招待します。 また、このサマースクールの問題に関連する活動をしている実践者を招待します。/p>

パートナーとスポンサー:

ユネスコポーランド国内委員会、CEEPUSプログラム-学術認識と国際交流局、ポーランド移住フォーラム、ソマリア基金、ポーランドJanusz Korczak協会、PRO HUMANUM協会、子供のための基金”時間の助け”

名誉後援:

ユネスコのためのポーランド国内委員会、unhcrポーランド、子供のためのポーランドのオンブズマン、人権委員、国際ヤヌシュkorczak協会(Ika)、m.A. 子供の研究と子どもの権利

サマースクールのプログラムには、講義、ディスカッション付きの講義、ワークショップ、ディスカッション、スタディ訪問、学者や他の専門家との個々の会議だけでなく、参加者の研究活動とそれらによって実現される実践的な活動に専念するディスカッションミーティングが含まれています。

学校の付随イベント:

  • 異文化ワークショップ:September5th2017,10.00-15.00(Chancellor’s room). プログラム
  • ブックプレゼンテーション:マンフレッドリーベル、Ursula Markowska-マニスタ、異文化コミュニケーションの文脈における子供の権利。 Janusz Korczakは新たに読まれています(異文化主義の文脈における子供の権利。 Janusz Korczak再訪)、エド。 特別な教育学のアカデミー、ワルシャワ、2017。 プロジェクト内で準備”Russisch-Deutsche wissenschaftliche Dialoge über Kinderrechte,Janusz Korczak und Migration/子どもの権利についてのロシアとドイツの学術対話,Janusz Korczakと移行”,no. 2016-07年のための科学/ドイツのためのポーランド-ドイツ財団からの資金を受けました2016私2017. ブックカバー
  • 写真展タイトル:東ティモールの子供たちは、東ティモール2017年のフィールドワークからより良い未来の経験のための道に、著者:Slavena Ilieva:

Slavena Ilieva(ブルガリア)は、スペイン語の文献学と解釈のM.A、外交と国際関係のM.A、人権と民主化のM.Aを保持している。ブルガリア、スペイン、イタリア、フランスの大学から。 彼女は6つの言語に堪能です。 彼女はeu EOMsとラテンアメリカ、アジア、アフリカでの選挙ミッションの数に参加しています。 また、スペイン、アルゼンチン、チリ、メキシコ、ウガンダ、赤道ギニアで通訳、コミュニケーションオフィサー、研究者として様々なプロジェクトに取り組んできました。 彼女は移住、国際協力、文化、教育に関する国際会議に参加しています。 現在はブルガリア国立ラジオと協力し、Ngoや企業の教育者や通訳として働いています。 情熱を持って、彼女はさまざまな国や社会の文化や伝統を研究し、探求しています。 彼女は地元の人々と通信するために情熱的です;すべての旅行で、彼女は”フィルムストリップ”に自然の本物の色をキャプチャするために欠場しません, 毎年、彼女は子供たちとその家族をサポートするためにNgoが主催する冬と夏のキャンプ学校で社会的に恵まれない家族の子供たちと働く機会を持っています

彼女はオープンマインドな人であり、さらに将来的には、異なる文化、伝統と交流し、提示するより多くの機会を持つことを目指しています。 彼女の作品はヴェリコ-タルノヴォ、ソフィア、マドリード、ストラスブールで展示されている。

展覧会”より良い未来のための道路上の東ティモールの子供たち”で、私は東ティモールからの子供たちの本物の肖像画とその現実 私は東ティモールの感動的で非常に控えめな子供たちにその展覧会を捧げています。 極端な貧困にもかかわらず、マラエ(外国人)は常に友人です。 彼らの特定と入札好奇心と,物乞いの外観と組み合わせ,しかし、食べ物やお金のために物乞いではありません,さらに,誘致し、あなたの注意を得るための方法でしようとしています,あなたと通信するために、21世紀の彼の存在を再確認します.

もっと。..

オープニングポスター

短い説明と37枚の写真

ファイナルポスター

学校の活動中に使用される言語は英語です。 P>

連絡先:[email protected]…..pl

学校プログラム

子どもの権利に関する第3回国際会議

講師や専門家;参加者;主催者;ボランティア

参加者データ(募集は終了しています)

ポスター

フォトギャラリー

参加者のための情報:

アカウント保有者の住所:ul。 銀行名:Alior Bank Sa IBAN:PL61 2490 0005 0000 4530 3456 2606BIC/SWIFT:ALBPPLPW
銀行名:Alior Bank Sa Iban:PL61 2490 0005 0000 4530 3456 2606BIC/SWIFT:ALBPPLPW
銀行名:Alior Bank Sa Iban:PL61 2490 0005 0000 4530 3456 2606BIC/SWIFT:ALBPPLPW: 国際サマースクール2017-

ユネスコ奨学金のためのポーランド国立委員会:

毎年のようにsholarshipは、宿泊施設、食べ物、国際サマースクールへの参

旅行、ビザ、保険料、または空港からの送迎費用はカバーされていません。

第11回国際サマースクールの問題: ワルシャワのマリアGrzegorzewska大学で7thと16th September2017の間に開催される”難民と移民の子供の適応の分野における国際経験-理論、研究、実践”は、現代の移住問題の学

被験者は三つの重要な問題に焦点を当てています:

  • 現代の移民危機で研究者や実務家が直面する理論的前提と課題、

  • 難民や移民の子供や若者の状況とニーズ

    移民や難民の子供や若者とその最も近い環境のためのサポートに接続された慣行。

移民と難民の適応、統合と教育のプロセスを学際的に見て-子供と若者–EUとeu外の社会では、問題の複雑さのより良い理解を容易 それはまた、(メディアと教訓的な)記述の言語を文化的に敏感な言語に変更することを可能にし、すべての人が尊敬と尊厳を持つ権利を収容する言語

移住危機は、大多数(ホスト社会)と新人–移民と難民の両方に向けられた心理的、教育的、教訓的な仕事の危機としても理解されてい 危機に関するこのような見解は、異文化教育者や心理学者の未使用の可能性と資源から最初に得られます。 一方、学校コミュニティの儀式に刻印された社会的に有害な統合慣行や、ますます多様化する社会におけるコミュニケーションや仕事において、子供、若者、大人に提供されるサポートを含む、異文化間の準備とサポートの目に見える断片的な性格や欠如を指します。

ヨーロッパの難民の数は数年前から体系的に増加していますが、2015年には1.3万人の亡命申請が欧州連合に提出されました。

問題の重みとその性格だけでなく、社会的擬似ディスコースの温度(ミクロとマクロの両方のレベルで)は、学者と研究者だけでなく、 移住危機の時代には、価値観や態度の危機としても理解され、空間を創造する動機、イデオロギー的に中立的で方法論的に正しい、国際的、理論的、研究関連の議論、知識に基づく実践(学術的知識を含む)は、知的で実用的である。
データ:コナー博士による報告書、ヨーロッパへの難民の数は1,3万人を記録するために急増2015(ピュー研究センター、August2、2016)。p>

重要な情報:

今年のサマースクールの一部は、子どもの権利に関する国際会議-8に接続されています。 国際Korczak会議と題する:”オープンウィンドウ–自由の感覚”子供のための活動とJanusz Korczak、Stefa Wilczyńskaと孤児院からの子供たちの死の75周年を祝うために。

イベントは、ポーランド共和国の子供のためのオンブズマンと国際ヤヌシュKorczak協会(IKA)によって共催されています。 パートナーの中には次のものがあります: マリアGrzegorzewska教育大学、ユネスコJanusz Korczak椅子MGPUとポーランドのユダヤ人の歴史のポリン博物館。

More:http://www.korczak2017.com/

  • 2016
    第10回国際サマースクール”多文化社会における子どもと子供の現代問題-理論、研究、実践”、15-24th September2016、ワルシャワ、ポーランド、

教育学部と協力してosijek–j.j.で Strossmayer University,Osijek,Croatia

今年の国際ユネスコサマースクールは、
ポーランド国立ユネスコ委員会、ポーランド国立ユニセフ委員会、人権委員会、子供のためのポーランドオンブズマン、国際ヤヌシュKorczak協会、M.A.小児研究と子供の権利の名誉の後援を受けていることをお知らせすることを私たちの喜びです。

パートナー:

ユネスコのためのポーランド国内委員会、CEEPUSプログラム-学術認識と国際交流のための局、ポーランドJanusz Korczak協会とソマリアのための基金。

/Draft/

難民の子どもたちの問題としての再適応と社会復帰に専念ユネスコ議長が主催する第9回サマースクールへの強い関心 私たちは、欧州連合諸国だけでなく、コーカサス、アラビア半島、アフリカ、中央アジアの国々でも、難民や移民の増加に関連する現在の問題に興味があります。 現代の多文化社会における子供の社会心理学的および教育的機能に関連する問題(移住プロセスの新しい質の影響を受ける)は、研究者、学術教師、教育政治家、教育者、教師、実務家、ホスト社会における文化的に異なる子供の診断プロセスおよび学校適応に関連するスタッフにとって特に重要であるようである。 実証的および理論的分析の側面においても同様に重要なのは、学校や子どもを支援する環境における多文化教育とコミュニケーションに関連する移住、難民主義、社会復帰プロセスの結果、文化的に多様な背景で働くための教師と教育者の準備、ならびに再社会化と社会統合における子どもの心理的および教育的支援である。

私たちは、研究と実践経験の学際的な交流のプリズムを通じて、多文化社会における子供と子供の現代的な問題を見てみたいと思 このように、教育学、社会学、人類学をはじめとする社会-人文科学の卒業生、博士課程の学生、学術研究や実践活動が子供の問題、子供時代、文化的に多様化する背景や社会に関連し、根ざしている若手学者を第10回サマースクールに参加させていただきます。

サマースクールのプログラムには、講義、ワークショップ、ディスカッション、研究訪問、学者との個別の会議だけでなく、参加者の研究活動とそれによって実現される実践的な活動に専念するディスカッションミーティングが含まれています。 学校の活動中に使用される言語は英語です。
チーム:
ユネスコ議長キュレーター–Adam Frěczek教授
調整–Urszula Markowska-Manista,Ph.D.,科学長官
組織–Aleksandra Nieděwiedzka-Wardak,M.A.,組織秘書
組織–Dominika Zakrzewska-Olědzka,Ph.D. 学生,ユネスコのインターン/Janusz Korczak椅子

プログラム
申請書

  • 2015第9回国際サマースクール”難民の子供の問題としての再適応と社会復帰”,14-24th September2015,Warsaw,Poland

    14-24september2015ワルシャワのマリアgrzegorzewska特別教育アカデミーで子どもの発達と幸福に関する学際的研究に関するjanusz Korczak議長は、第9回国際サマースクール”難民の子供の再適応と再統合の問題”を開催しています。”子供たちは常に大人の世界の武力紛争の絡み合いに絶滅の危機に瀕しています。 前世紀と現在の十年の始まりは、世界中の紛争における目撃者、犠牲者、加害者など、子供たちの生活についての複数の物語を私たちに語りました。 このため、この世代の社会統合のための努力は、子供の発達と社会復帰を目的とした心理的および教育的支援を考慮に入れるべきである。 次のサマースクールでは、長期的な紛争や戦争における犠牲者、証人、加害者の役割に絡み合った、すなわち、状況、問題の心理的および社会的診断、非政府組織や機関の仕事を支援する実践、そして子どもたちが育てられた環境や新しいホスト国の環境への復帰の可能性を条件とする要因について言及する。 クロアチア、ジョージア、カザフスタン、ドイツ、ルーマニア、イタリア、ウクライナ、南スーダン、ポーランドからの大学や非政府組織からの若い学者や学生は、英語で行われた講義、ワークショップ、研究訪問やセミナーに参加します。 この学校の主題は、現代の武力紛争や大人の世界の戦争における子供の社会心理的絡み合い、前述のプロセスの結果、そして彼らの再社会化と社会再統合における子供の心理的および教育的支援に関連することに言及することは、現在の世界で特に重要であると思われる。 今日の移民と難民の膨大な割合が、現代の紛争や戦争における暴力の証人、犠牲者、加害者であり、”目に見えない子供”、”場違いの子供”、子供や人権へのアクセ
    レポート
    ポスター
    フォトギャラリー
    説明
    プログラム

  • 2014

第8回国際サマースクール”思春期における問題行動-形、状態、予防”September15th-25th,2014,ワルシャワ,ポーランド

プログラム

レポートphotogallery

  • 2013

第7回国際サマースクール
“生徒/学生のための心理的および教育支援多様なニーズに応える”、
月15日-25日, 2013, Warsaw, Poland

The conference program
Report
Photogallery

  • 2012

    6th International Summer School “Children’s Rights: Korczakの教育理論に照らしてスラントアプローチとソリューション”,September16–22,2012,ワルシャワ,ポーランド-組織(ユネスコのためのポーランド国内委員会だけでなく、国際およスモリンスカ=テイス; ハリナ-ボルトノフスカ氏、ヘルシンキ人権財団、テレサ-オグロジンスカ氏、コメニウス児童開発財団、マルタ-チエエルスカ氏、コルチャキアヌム文書研究センター、その他)、スタディ-ビジット(Krystyna Starczewska氏が運営する公立の体育館と高校、Mirosława Kętna氏が運営する児童権利保護委員会、その他)、ワークショップ。 参加者には、ASEの学生と大学院生、イスラエル、タジキスタン、ウクライナ、イランからの教育学と心理学の若い学者が含まれていました。

会議プログラム
Photogallery

  • 2011

    特別教育の国際サマースクールの第五版(九月2011)-主要なトピックは、特別なニーズを持つ学生の教育における個々の教育および治療プログラムでした。 参加者は、ポーランド、ベラルーシ、ウクライナ、ロシア、カザフスタン、トルコ、台湾からでした。

  • 2010

    第四版は、リハビリテーションの主題に専念しました

  • 2009

    第三版–主要なトピックは、”特定の学習困難を持つ学生–理論と実践”

  • 2008

    第二版–”Janusz Korczakの教育学”

  • 2006

    初版–”知的障害を持つ人々の訓練と教育の理論”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。