例外による管理

例外による管理とは何ですか例外による管理は、規範から逸脱したケースを特定し、処理することに焦点を 例外による管理には、一般的なビジネスアプリケーションとビジネスインテリジェンスアプリケーションの両方があります。

一般的なビジネス例外は、ビジネスプロセスの通常の動作から逸脱し、通常は人間の介入によって一意に世話をする必要があるケースです。

その原因には、プロセスの偏差、インフラストラクチャまたは接続の問題、外部の偏差、品質の悪いビジネスルール、不正なデータなどが含まれます。

例外による管理ここでは、熟練したスタッフとソフトウェアツールを使用して、そのような発生を調査、解決、および処理する練習です。 優れた管理は、ビジネスプロセスの効率に貢献することができます。

これらのケースでは、例外的なケースが経営方針の唯一の焦点ではなく、例外管理(例外による管理とは対照的に)プロセスのより適度な適用を示すため、プ

例外による管理(MBE)は、ビジネスに適用される場合、従業員に意思決定を行い、自分の仕事やプロジェクトを自分で実行する責任を与える管理のスタイ

これは、データ内の統計的に関連する異常の焦点と分析で構成されています。

記録されたデータに異常な状況や偏差が現れ、ビジネスに困難をもたらし、従業員が自分のレベルで管理することができない場合、従業員は次の高レベルに決定を渡す必要があります。

たとえば、すべての製品が四半期の予想数量で販売されている場合、統計的に関連するマージンで不採算または過業績である特定の製品を除き、その製品のデータのみが管理者に提示され、根本原因のさらなる調査と発見が行われます。

例外による管理は、ビジネスのエラーや見落とし、改善する必要がある効果のない戦略、競争の変化、ビジネスチャンスをもたらす可能性があります。

例外による管理は、管理負荷を軽減し、管理者が最も影響を与える分野でより効果的に時間を過ごすことを可能にすることを意図しています。

例外管理にはITアプリケーションもあります。

コードを書くときに、アプリケーションの事前定義された仮定が違反する例外的なケースがあることをプログラマが認識した場合、プログラマは最初か

例外による管理の利点

例外による管理の主な利点は、問題のある問題が迅速に識別され、管理者は、日常業務の遅延を引き起こす可能性のある重要な問題に対してではなく、重要な問題に対して時間とエネルギーをより賢明に使用できることです。

さらに、管理者は統計にあまり取り組む必要がなく、意思決定の頻度が少なくなり、時間が節約されます。 マネージャーが少数の決定をすると同時に、従業員に彼らの刺激を高めるより多くの責任がある。

例外による管理の欠点

予算の計算ミスが発生すると、大きな差異差が発生し、エラーを見つけるのに時間がかかることがあります。

さらに、計算差異を担当する金融アナリストは、会社の間接費を増加させています。 金融アナリストがうまく実行されていない場合、それは時間とお金の無駄になります。

もう一つの欠点は、管理者だけが本当に重要な決定を支配する力を持っていることであり、より低いレベルの従業員のためにdemotivatingことができます。 さらに、問題を管理者に渡すのにかかる時間は、時間がかかることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。