南西マダガスカル–モザンビーク海峡IMMA

基準A-種または個体群の脆弱性

絶滅危 2018年、セルキオ未発表データ)。 脆弱なマッコウクジラ(Physeter macrocephalus)は深海の生息地に位置し、絶滅の危機に瀕しているインド洋ザトウクジラ(Sousa plumbea)は沿岸地域で遭遇し、この種のさらなる減少を 2015)

基準C:キーライフサイクルアクティビティ

サブ基準C3: 移動ルート

南極シロナガスクジラ(Balaenoptera musculus intermedia)は、熱帯および亜熱帯インド洋で発生し、南半球IWC(2007)で2,300人(1,150–4,500人)と推定された。 オーストラリアの冬の間にマダガスカルの北西海岸沖の南極シロナガスクジラの歌の存在に基づいて(Cerchio et al. 2018年)、種がこの地域を通って移動することは確かである。 SWIOでは、ピグミーブルークジラ(Balaenoptera musculus brevicauda)の個体群は、マダガスカル海嶺からインド洋中央部まで聞こえる”マダガスカル”の歌型によって定義されている(McDonald et al. ら、Samaran e t a l.,2 0 1 3)。 マダガスカル海嶺には夏の摂食地域があり、その豊富さは424-474と推定されている(Best et al. 2003). オーストラリアの春と秋の間にマダガスカルの北西海岸沖のSWIO pygmy blue whale songの二峰性の存在に基づいている(Cerchio et al. 2018年)、種がこの地域を通って移動することは確かである。 マダガスカル南西海岸(Toliara)からの最近の受動的音響モニタリングは、少なくともaustral秋の間に南極の青い鯨の歌の存在を確認し、少なくともaustral夏と秋の季節にSWIO pygmyの青い鯨の歌の存在を確認した(Cerchio、未発表のデータ)。 シロナガスクジラの歌が長距離(100kmを超える)を伝播する可能性を考えると、これらの動物はIMMAの沖合の範囲を通って移動していた可能性が高い。 二つのシロナガスクジラ亜種に加えて、ヒレクジラ(Balaenoptera physalus)、南極ミンククジラ(B. bonaerensis)は、オーストラリアの春/夏の間にも検出された(Cerchio、未発表のデータ)、この地域を通る移動の可能性が高い、彼らはまた、オーストラリアの冬の間に北西マダガスカル沖で音響的に検出された(Cerchio et al. 2018).

基準D:特別な属性

サブ基準D2:多様性

航空調査(Van Canneyt et al、2010)と音響モニタリング(Cerchio et al。 2018年、セルキオ未発表データ)。 最も豊富な種は、大きなDelphininae(主に一般的でいくつかのインド太平洋のバンドウイルカ)と小さなGlobicephalinae(主にメロンの頭のクジラ、Laran et al、2017)でした。 海洋哺乳類の占有分析から予測されるこの候補領域の分類学的豊かさ(Laran et al.,2017)は、この地域で得られた最大値の一つである。 REMMOA航空調査では、最も豊富な種は大きなDelphininaeであり、ほとんどが一般的であり、いくつかのインド太平洋バンドウイルカ(Tursiops spp. 17×10-2個体の相対密度を有する)。面積のkm2(CV=28%)と小さなGlobicephalidae(主にメロンの頭のクジラ、Peponocephala electra)6.3×10-2個体。km2(CV:72%)。 大きなGlobicephalidae、主に偽シャチ(Pseudorca crassidens)といくつかの短いフィンのパイロットクジラ(Globicephala macrorhynchus)は3×10-2個体.km2(CV:41%)と3×10-2個体.km2(CV:41%)の相対密度を持っていた。 深いダイバーのために、この地域で最も高い密度は、0,6×10-2個体.km2(CV:56%)、マッコウクジラとKogia sppでbeakedクジラ(キュヴィエの”beakedクジラ、Ziphius cavirostrisとBlainvilleのbeakedクジラ、Mesoplodon densirostris)のために得られた。 (この種の潜水時間による利用可能性バイアスを修正することなく)一桁以下でそれぞれ推定された。 小さなDelphininae(Stenella spp. 2,6×10-2個体の相対密度を有する領域においても有意であった。km2(CV=41%、Laran et al、2017)。 沿岸海域では、インド洋ザトウクジラ(Sousa plumbea)がこの地域で報告されている直接狩猟に遭遇している(Cerchio et al、2015)。 他の種は、剥ぎ取られたイルカ(Stenella coeruleoalba)、ピグミーシャ(Feresa attenuata)、シャチ(Orcinus orca)などが時折遭遇した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。