成長している世代

ovascience_april_6_2012

科学が進歩し続け、医師が胚とIVF技術についてもっと学ぶにつれて、私たちはこの分野で新しい用語 モザイク胚:世界最大の遺伝子研究所、Reprogeneticsによって実施された最近の研究は、生殖補助技術の世界で新しい用語と潜在的なゲームチェンジャーにIVFコミュモザイクは、着床前遺伝子スクリーニング(PGS)検査中に正常細胞と異常細胞の両方を有することが判明した胚に割り当てられた用語です。

モザイクは、 通常、胚発生の5日目に完了した試験は、胚の小さな生検を行い、細胞の遺伝的構成を調べることによって完了する。 検査中、発生学者は潜在的な染色体異常を検出し、しばしば診断することができる。 ダウンズ症候群の存在のようなものを含むこれらの異常は、伝統的に、どの胚が移植された後に移植される可能性が最も高いものとして選択されるかを決定するのを助けるために使用されてきた。 ごく最近まで、顕著な異常を有する細胞は廃棄され、移送のために考慮されなかった。しかし、最近の開発は、これらの異常な細胞は、すべての後に転送のために実行可能である可能性があることを疑うために医師をリードしています。

医者は混合された質の胚の移動の成功のレベルを指摘し、生れの多数は健康な赤ん坊を作り出すことを続いた。 信念は、異常な細胞が染色体の発達に不可欠ではない妊娠組織の一部に分離されるということです。しかし、異常な細胞が無害にならない場合、胚は妊娠が進行するにつれて移植に失敗するか、早期流産を強制するかのいずれかになります。

しかし、 明らかに、証拠は決定的なものではなく、モザイク胚の使用は依然として異常または人生を変える状態の子供の誕生をもたらす可能性があります。 したがって、モザイク胚の使用は、それぞれの潜在的な結果を十分に考慮して非常に慎重に検討する必要があります。

リスクにもかかわらず、いくつかのIVF医師とそのクライアントは、これらのモザイク胚の使用を検討し始めています。 IVFサイクルは、特定の性別の数が少なく、小さなサンプルの転送のためのいくつかの適切な胚があることをインスタンスでは、モザイク胚の使用は、親が所望の性別で成功した妊娠のための希望を保持することができます。モザイク胚から生まれた赤ちゃんの長期的な影響についての研究はまだ決定的ではありませんが、最初の含意は不妊症に苦しんでいるカップルに

質問との私達に連絡し、成長の世代についての詳細を学ぶためにここにかちりと鳴らしなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。