日本の伝統:花魁

火曜日August15th,2017
|ニュースでは、日本の伝統、日本文化
|ゲスト著者によって:グウェン

花魁

ファッションを導いた遊女

写真クレジット:pinterest

古代日本では”快楽の女性”は遊女(遊女)と呼ばれていました。 この言葉は、彼らの仕事を特定し、また、一般的な売春婦と遊女の違いを示し、また花魁(花魁)とも呼ばれていました。 花魁の姿は、この記事で分析するものです。

花魁という言葉は、”おいらの所の妹さん”という意味の文章に由来しています。 しかし、直訳すると”花”の漢字と”咲影”の漢字で書かれているため、”すべての花のリーダー”ともなる。 当初は江戸の吉原(現在の東京)の高級娼婦を指していた。 しかし、後でそれは遊女を参照して使用されました。

写真クレジット:pinterest

花魁は江戸時代に遊郭と呼ばれる歓楽街で活動しました(花街は芸者だけが住んでいたことと混同しないでください)。 この地区は、京都、大阪、江戸の中心部の外に建設され、売春が合法化された唯一の場所でした。
性的な好意を売ったユージョスとは異なり、花魁は自分の体だけでなく能力でも顧客を楽しませた。 これらには、茶道や茶道、生け花や花のアレンジ、さまざまな楽器を演奏すること、読書、一般的な知識が含まれていました。 実際には、彼らは彼らの華麗な会話スキルでもクライアントを楽しませることができなければなりませんでした。
最高位は、彼らがしたい場合は、クライアントを拒否する特権を持っていた太夫(太夫)のものでした。 後に幸子(こうし)とも呼ばれる。 彼らのクライアントは、大名や富裕な大名のような社会のエリートの一部であり、花魁の手数料が非常に高かったためです。 ただ、花魁との一晩は、労働者の給料の一年に相当したと考えてください。 そのうちの一人に会うためには、クライアントは花魁自身に招待されなければならず、数週間も待っているリストに入らなければなりませんでした。

最後の公式花魁は1761年まで住んでいました。 芸者の人気が高まったことで、花魁への要求は減少した。 今日、この職業は、伝統や習慣を保存する意味ではないにしても、もはや行われていません。
花魁の最も魅力的なことは、売春防止法によって強制された孤立のために(売春婦は周辺地域にのみ住むことになっていた)、彼らも偶像化され、神秘化されていたことである。 彼らはまた、ファッションや習慣を導いた。 彼らは最も独特の髪型と最も豊かで派手な着物を持っていました。

tokyocheapo.com

信濃、桜e文水。その年の間にこれらの女性を祝う多くのイベントがあります。

北陸地方の燕市で4月に行われる最初の祭りは、文水桜祭り花魁道中です。 信濃、桜、文水の三大花魁の一つの役割を得るために、さまざまな地域の女の子が通りに沿ってパレードした全国的に有名なパレードです。 これらの名前は、三つの異なるタイプの桜の花に由来します。 女の子は先にカムロス、彼らのヘルパー、使用人や妾のような七十の異なる付随する数字の最小値のパレードも。 各図は細心の注意を払って毎年選択されます。

写真クレジット:wikipedia

品川には花魁道中があり、名古屋では毎年10月上旬に大須観音寺の周りに大須大道芸祭があり、何千人もの観客が二日間のパレードに参加することができた。 ここでは、花魁たちが側近とともに大須観音地区の商店街を歩いています。 この側近の一部は、武士に似ていますが、実際にはボディーガードの役割を持っており、見習いもあります。

魅力的で官能的で神秘的な、すべてが日本にあるように、何千人もの顔と才能の女性、古代の美しさ。P>

ロードのように。..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。