歯は生きていますか? –

歯は生きていますか?私たちは、故郷の歯科で歯と全体的な歯の健康について多くの質問を取得します。 最大の質問の1つは、なぜ根管が必要なのか、そして何がそれらを引き起こすのかです。 それは簡単な答えです:歯は

あなたの歯の部分

あなたの歯がどのように生きているかを理解するためには、それらが何で作られているかを理解する必要があります。 歯の3つの層があります:エナメル質、象牙質、およびパルプ。

エナメル質

あなたの歯をカバーする硬い組織はエナメル質と呼ばれています。 米国歯科医師会によると、エナメル質はカルシウム結晶でできており、体内で最も硬い物質です。 エナメル質自体には生きた細胞が含まれていません–それはちょうどあなたの歯の生きている部分の周りの”鎧のコート”として機能します。

象牙質

エナメル質の下に象牙質があります。 象牙質はまたカルシウム水晶から成っていますが、また生きている有機物を含んでいます。 象牙質を作る有機物は生きていますが、それ自体を再生することはできません。

歯髄

象牙質の下には歯髄があります。 これは歯の中央部分であり、神経および血管を含んでいます。 パルプは、成長を助ける歯の一部であり、空洞または感染のいずれかの存在がある場合に痛み信号が受信される場所です。 これはあなたの歯の真の”生きている”部分です。根管の間に何が起こるのですか?

根管の間に何が起こるのですか?

歯に感染や空洞が存在すると、痛みを引き起こし始めます。

歯に感染や空洞が存在すると、痛みを引き起こし始めます。

神経があまりにも多くの損傷を受け、パルプが死ぬ場合、それは根管が必要なときです。 根管の間にパルプを除去することによって、歯は”死ぬ”が、依然として口の中に残り、エナメル質および象牙質層のために機能することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。