水性酢酸混合物中のイオン:プロトンとギブスの周りの溶媒再編成水からの移動のエネルギー

光吸収、基本的なセンサー、4-ニトロアニリンは、水と酢酸 使用したすべての混合物において、酢酸の自己イオン化は抑制された。 関連するエタノールまたはアセトンとの水の混合物とは対照的に、この平衡は、共溶媒のモル分率x2が増加するにつれて、水溶媒和種に向かってよりシフトする。 水から混合物へのプロトンの移動のgibbsエネルギー Δ Got(H+)は,溶媒再編成に対するこの平衡定数の助けを借りて得ることができる。Δ Go t(H+)を用いると、アニオンおよび他の陽イオンを表すiについてΔ Go t(i)は、次のようになります。evaluated.In 比較陽イオンのΔ Go t(i)は、エタノールまたはアセトンを水に添加した場合よりも低い負の値を有する。 これに対応して、ハロゲン化物アニオンの場合、酢酸を添加した正のΔ Go t(i)は、エタノールまたはアセトンを添加した場合よりもむしろ小さい。 酢酸中の電子求引性ヒドロキシ基とカルボニル基のイオン-溶媒相互作用への影響はこのために応答可能であると考えられる。 C10−4およびRe0−4のΔ Go t(i)も陽性であるが、ピクラテオンおよびOH−の両方が水に酢酸を添加して負の値を与える。 ピクラテイオンでは、炭素環の疎水性効果は、水に対する混合物の安定化を生成する。 OH-では、酢酸アニオンへの完全な変換が起こる。 他の共溶媒で見られるように、Δ Go t(CH3COO−)へのアセテートアニオン上の電荷の寄与は、x2が上昇するにつれて増加することがわかった。 酢酸の酸解離定数K aは、x2が0.5に上昇するにつれてゆっくりと減少し、酢酸の二量体化が起こるx2よりも0.7の急速な減少が続くことが分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。