門松-日本の新年の装飾

門松-新年の装飾

門松は、竹と松のペアの装飾です。新年の神(としがみさま)を招き、来年のその場所を祝福するための建物の入り口の方法。

門松の起源

門松は7世紀に中国で習慣となり、8世紀直後に日本に伝来したと考えられている。 その時代の文書には、松などの関連資料から作られた装飾が記載されています。しかし、現在の一般的な様式と同様の竹や松を含む門松は、14世紀頃までは現れなかった。 松や竹は、日本の長寿を象徴する植物であり、新年の装飾や長寿の象徴として理想的です。

地域によって異なるかもしれませんが、門松の基本的な基礎は、斜めに切断された竹の三、五の茎を縦に立て、その周りに松の枝を配置していることが特徴です。

関東地方と関西地方の間には二つの顕著な違いがあります; 関東は竹の直立した真直さを重視し、関西は松の枝の鮮やかさを重視しています。

どんど焼き-門松の装飾の儀式

写真:平岡康信
26日以降(象徴的な理由で29日と31日を除く)、門松は全国のほとんどの建物の玄関の前に置かれている。 しかし、1月15日には、門松などの新年の装飾が儀式的に焼かれる”どんど焼き”と呼ばれるイベントが行われます。

神社の敷地内、校庭、または広い広場で行われ、門松などの装飾はピラミッドのような形に積み重ねられ、火につけられます。 この火の上で餅を焼いて、これらの餅を食べると、新年に健康を保つと信じられています。

この記事に記載されている情報は、それが書かれた時間に基づいています。 この記事が掲載された後に発生した商品、サービス、および価格に変更がある可能性があることに注意してください。 ご来館前に、本記事に記載されている施設または施設に直接お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。