coccidioidomaのArthroconidia:case report and literature review

Coccidioides immitisは、ヒトに多様な疾患を引き起こすことができる二形真菌である。 組織における診断病理学的所見は成熟した内胚葉球であるが、菌糸構造は病理標本の50%以上でも見出すことができる。 本報告では,無傷の球はなかったが,組織および培養物中に存在する特徴的なバレル形状の関節胞子がc.immitisと陽性に同定されたコクシジオイド真菌症の症例を提示した。 本症例は真菌に対する非内分泌領域での提示によりさらに複雑であった。 Coccidioides immitisは、腐生性と寄生性の2つの異なる相を有する土壌真菌である。 この二相性のライフサイクルは、Ophöls,1によって最初に記述され、Bakerらによってより完全に特徴付けられた。 腐生期は、生物が菌糸状の状態で存在する環境で起こる。 型が成熟するにつれて、樽型のarthroconidiaが形成され、空の細胞と交互になる。 その後、arthroconidiaは菌糸から破壊され、エアロゾルとして分散される。 腐生サイクルは、新しい土壌サイトの感染時に繰り返されます。 しかし、空気中の関節conidiaが感受性宿主によって吸入されると、寄生期が開始される。 寄生周期では、関節胞子は膨潤し、球球として知られる丸い構造になる。 球の原形質は多数の内胚葉を形成するために分裂する。 球が破裂すると、内胚葉が放出される。 各内胞子は、新しい球球に発展することができ、または、宿主からの汚染された分泌物を介して追放されると、それがその菌糸体の形態に変換する環 コクシジオイド真菌症の特徴的な組織学的所見は内胞子を有する球であるが、菌糸形態も見出すことができる。 C.immitisの菌糸形態は、形態学的に決定的に同定することはできず、培養技術または遺伝的プローブによる確認を必要とする。 関節コクシジオイドーマが組織に見られる優勢な形態であった肺コクシジオイドーマを報告した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。