Open Dialogue

Open dialogue method Seikkulaを説明する論文では、AlakarとAaltonenは、”社会構成主義者の観点から、精神病は幻覚や妄想以外の言語を持たない人生における恐ろしい経験に対処する一つの方法と見なすことができ、”精神病反応は、合理的な話し言葉を構築することが不可能になったほど重い経験を理解しようとする試みを見るべきである”と仮定している。

彼らは、”精神病反応が外傷経験に大きく似ている”というモデルを提供し、被害者の経験は”感覚作りを促進する記憶システムの部分に保存されてい “事前に計画されたテーマや形のないオープンな対話は、人生の中で困難な出来事を表現する新しい言語のconsturctionを可能にする上で重要であると思われる。”

この理解は、統合失調症のドーパミン仮説のような脳内の生物学的過程によって引き起こされると見なす精神病の一般的な精神医学モデルとは根本的に異なる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。