'''日本の珍味です

モーガン*ギブス/フェイスブック
“ミディアムレアチキンストリップ”の写真。facebookの
“ミディアムレアチキンストリップ”の写真。

冗談めかして”ミディアムレア”として調理されていないチキンストリップの写真を投稿した女性は、インターネットを混乱させ、人々は彼女がミッキーを取っているかどうかを把握することはできません。

Morgan Jane Gibbsの投稿

ビーガニズムと未処理の食べ物を強調するclean eating fadに関するハッシュタグを持っていたので、おそらくそれは冗談でした。p>

何人かの人々はそれが面白いと思ったが、誰もがそうではなかった。

“ハハ、私は少ないサルモネラと私の鶏が好きです”とあるオンラインコメンターは言いました。

*鶏の半分以上がカンピロバクターを持っている可能性があります
*食中毒のリスクを軽減する方法

しかし、別のものは警告ノートを鳴らしました。

“正直なところ、一部の人々は深刻であると信じて、愚かな人々でさえ実際にそれを試すことができます。”

ギブスのポストは言ったコメンターによってトローリングとして充てられました:

“鶏がワクチン接種されていないことを100%確信している場合にのみ、このように調理する必要があります。 それは彼らに自閉症を与え、自閉症の鶏はサルモネラ菌を得るので。”

写真は日本の観光サイトで発信されているようで、Facebookの投稿は英国や米国のメディアを含むあらゆる場所で拾われています。

しかし、日本のいくつかのレストランでは、調理不足の鶏肉を食べることがメニューにあることが判明しました。

鶏のタタキは鶏の胸肉と鶏の肝臓を熱い石炭の上にたたき、鶏の刺身はまた、時には虎刺と呼ばれる料理です。

日本の全国紙の一つ、朝日新聞の記事は、国の保健省は、生と調理不足の鶏肉を食べることの危険性について警告していると述べました。

ある焼き鳥バーのオーナーは、朝に新鮮な屠殺鶏を刺身のために買って、肉をお湯で沸かして肉の表面を白くしたと言いました。

鶏肉からの食中毒の主な原因は、カンピロバクターであり、肉が調理されていない場合に鶏肉を調製して摂取すると、腸から肉に移すことができる細菌

2012年には、日本の厚生省は、生の牛肉を提供するレストランを禁止し、その後、生の豚の肝臓は2015年に禁止された、と記事は述べています。

保健省の関係者は述べています: “生の鶏を食べるための一定の需要があり、それは私たちの食品カルトの一部です。”

2011年には、日本では、五人がステーキタルタルに似た韓国風の生の牛肉を食べた後、食中毒で死亡した、と報告書は述べています。

食品基準オーストラリアニュージーランドは、これが安全なレベルに危険な細菌を減らすように鶏肉、ソーセージ、ハンバーガーを徹底的に調理する必要があ 調理された食品が冷却されている場合、これは迅速に行われなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。